伊藤 紀行(Business Producer)

伊藤 紀行_Business Producer

早稲田大学政治経済学部卒業、楽天に勤務後、EdTechベンチャーの東京オフィス立ち上げに参画。 大手企業や高等教育機関へのサービス導入の実現、及び法人向けカリキュラムの開発を通して 、事業の急成長に貢献。

その後グロービスの英語MBAプログラム Japan Accountのリーダーとして、 欧米・アジア各国出身の多国籍なチームメンバーとともに事業開発に従事。

DIで志高い起業家・スタートアップへの投資・経営支援に携わる傍ら、週末はビジネススクールの講師も務める。

世の中の課題を解決し、未来を創る起業家・経営者を伴走したい

自身がベンチャー投資家を志したきっかけ

きっかけは、自身がEdTechベンチャーに在籍した当時の経験です。投資していただいていたVCの方に手厚くご支援頂き、何度も助けられた原体験があります。自分も起業家の皆さんを真摯に支援し、事業を急成長させる一助となれればと考えております。

また、実際にベンチャーに在籍していたからこそ、事業の伸び悩みや組織作りの工夫など、ベンチャーの経営において起こり得る事象とその打ち手を皆さんと一緒に考えられると思います。良い時も悪い時も、起業家や経営チームの皆さんに寄り添える投資家を目指しています。

ベンチャー投資家として成し遂げたいこと、ビジョン

起業家の皆さんと一緒に、今の世の中にある課題の解決策を考え、未来にある普通のものを創り出したいと考えています。目先の上場だけに甘んじず、100億、1000億といった規模を目指す志高い起業家の支援を通じ、たくさんの方を幸せにできればと思います。

経営支援で大切だと考えるスタンス、姿勢

経営者が主役で、VCは伴走する黒子だと考えています。起業家のすぐそばで熱くサポートする、良き相談役になれればと思います。我々は他業界、他のベンチャーも同時並行でみているので、起業家の方が気づけていない視点を提供し、皆さんの経営を加速させられればと思います。

外部の投資家であるからこそ持てる客観的な視点と、起業家の皆さんの視点をうまく融合し、事業と組織を一緒に創っていきたいと考えております。

どんな起業家を支援したいのか、人物像や業界等

自身の原体験に根付いた問題意識があり、その問題を解決しようとしている起業家の方を応援したいと考えています。ビジョンや志をもって、具体的に行動を起こされている方がいらっしゃれば、壁打ちからでもお話しを伺ってみたいです。

業界・分野を問わず、曇りのない目で幅広く支援したいと考えています。そのため分野には特に限定はありませんが、自身の出身業界であるHR TechやEdTech、加えてHealth Techやエンタメについては特に強い関心があります。

また、前職ではアジアへの出張も多く、各国の急速な成長に毎度驚かされていました。国内だけではなくアジア・世界へ展開を狙う方も、お気軽にお声かけください。

INVESTMENT投資先企業
CONTACT US
起業家のみなさま
まずはお気軽にご相談ください。
私たちは、投資先の起業家と同じ夢を見て夢の実現に向けて動く伴走者でありたいと考えています。
戦略コンサルティングで培ったスキルと社内外のネットワークを活かし、起業家のみなさまの成長に貢献します。
投資方針は、主にシード・アーリーステージ と IPO前のグロースステージ会社に対して、1社あたり数千万円から数億円の出資、フォローオン出資を行います。
会社創業前のタイミングから事業作りのご相談も受け付けています。

メディアの皆様へ:本フォームよりご連絡ください
スタートアップへの転職を考えられている皆様へ:こちらからご相談ください
メールマガジンのご登録はこちら
スタートアップ/ベンチャー経営のためのヒントやナレッジを発信するビジネスメディア「DIMENSION NOTE」の他、起業家のみなさまにとって有益な情報を定期的に配信させていただきます。是非、ご登録ください!